看護師の花形!オペ室看護師のアレコレ

転職エージェントを活用する

オペ室看護師になるにあたって特別な資格は必要ありません。そのため、オペ室が設けられている病院に転職し、配属されればオペ室看護師として働けます。転職する際は、エージェントの利用が最もおすすめです。

転職エージェントを活用する

必ず登録しよう

今働いている職場ではオペ室看護師になれる見込みがない場合や、兼任ではなくオペ室専属で働きたい場合は職場を移ることをおすすめします。転職先を選ぶ際には手術件数や看護師数、手術の種類などが重要となりますが、こういった詳細な内部情報を得る際に便利なのが転職エージェントです。また、現職を続けながら自力で転職活動をするのが難しいという人にもおすすめです。あらゆる面で転職活動をサポートしてくれます。

必ず登録しよう

利用の流れ

まず、転職エージェントへの登録を行います。登録完了後、担当のコンサルタントやキャリアアドバイザーから連絡がきてカウンセリングを行います。カウンセリングで得た情報をもとに求人が紹介されるので、その中から条件に合うものを選びます。面接日を決めて面接に臨み、無事内定を得れば転職成功です。なお、転職エージェントは内定後のアフターフォローも行っています。

利用の流れ

2つのタイプがある

転職エージェントには「大手総合型」と「業界特化型」の2つがあります。大手総合型は職種を問わず幅広い分野の求人を紹介しています。一方、業界特化型は特定の分野に特化した転職サポートを行っています。どちらも看護師求人を扱っていますが、より丁寧なサポートを望むのであれば業界特化型がおすすめです。業界特化型なら、看護師特有の専門的な相談にも応じてくれます。

2つのタイプがある

メリットとおすすめ転職エージェント

転職エージェントのメリットとしてまず挙げられるのは、「すべてのサポートを無料で利用できる」点です。非公開求人の紹介など、転職エージェント特有のサービスもあります。また、「面接日程の調整や条件交渉を代行してくれる」点も見逃せません。現職を続けながら転職活動をする際に面倒なのが、面接日程の調整です。担当者との連絡時間や面会時間には制限がありますが、看護師は不規則なシフトで働いているのでなかなか都合が合いません。転職エージェントを利用すれば、あらかじめ自分が希望する日程に合わせて面接日時を調整してくれます。また、内定後の条件交渉を自力で行うのは困難ですが、転職エージェントはできるだけ希望に沿う形で条件交渉を代行してくれます。

面倒なスケジュール調整や病院との条件交渉等、すべて専任のコンサルタントにお任せください

「スーパーナース」より引用

さらに、「転職のプロが客観的にアドバイスしてくれる」というメリットもあります。自力で転職活動をするとどうしても主観的に自分を評価してしまいがちですが、転職エージェントを利用することで新たな可能性に気付けます。

転職理由を分析して転職の軸を決めたり、条件の優先度の整理をするなど、納得感のある転職をお手伝いいたします。

「看護のお仕事」より引用

メリットとおすすめ転職エージェント

よく読まれている記事

  • 転職エージェントを活用する

    転職エージェントを活用する

    看護師が転職する際に必ず登録すべきなのが転職エージェントです。無料であらゆるサポートを提供してくれます。条件に合う求人情報の提供だけでなく、面接日程の調整や条件交渉の代行もしてくれるため、時間のない人でもスムーズに転職先を決められます。

    続きはコチラ
  • 志望動機作成のポイント

    志望動機作成のポイント

    オペ室看護師になりたい看護師へ、志望動機作成のコツを紹介します。オペ室は最新医療に携われる職場なので、「新しいことを学びたい」という意欲をアピールしていきましょう。興味はあるものの、仕事に対して不安や恐怖心がある人でも大丈夫です。

    続きはコチラ
  • どのような役割を担うのか

    どのような役割を担うのか

    オペ室看護師には「器械出し看護師」「外回り看護師」の2つの役割があります。器械出し看護師は、よくテレビドラマで医師から「メス」といわれ、メスを渡している看護師のことです。一方、外回り看護師は、「汗」といわれ、汗を拭く看護師のことです。

    続きはコチラ