看護師の花形!オペ室看護師のアレコレ

オペ室看護師になるには

オペ室看護師になるために知っておきたいことを紹介します。オペ室で働くにあたって意識すべきこと、求められる能力を知りましょう。

オペ室看護師になるには

どうすればオペ室看護師になれるか

まず、オペ室看護師になるためには、当然のことながら看護師免許が必要です。看護師免許を取得するためには、看護師としての専門的な知識や技術を学べる専門学校や大学に入学しなければなりません。最近は、仕事をしながらでも看護師の知識と技術を学べる通信制の学校も増えてきました。自分の状況に応じて最適な資格取得のルートを選択してください。
免許取得後は、オペ室のある医療機関に勤務する必要があります。配属希望を出しても、すぐには配属されない可能性もあります。その場合は粘り強く希望を出し続けるなどの努力が必要です。また、オペ室看護師の求人を出している職場に転職するという方法もあります。

どうすればオペ室看護師になれるか

責任感の強さが必要

オペ室看護師は患者の手術に直接立ち会う責任の大きい仕事です。手術が成功するかどうかは手術に携わる医療スタッフの手にかかっており、その一端を担う看護師には強い信念が求められます。オペ室は他の部署とは違う独特な空気が流れています。病棟とは違い手術に用いられる医療機器に囲まれているため、具体的なイメージをあらかじめ持っておくといいでしょう。
もしなんらかの失敗をしたら、それが原因で重大な医療事故が発生するかもしれません。手術を直接行うのは医師ですが、そのサポートを行うのはオペ室看護師です。医師だけで手術を進めることはできないので、手術は医師と看護師が揃って初めて成立するといってもいいでしょう。それほど、看護師が担う役割は重大なのです。器械出しや外回りは直接患者を手術する業務ではありませんが、手術が成功するかどうかを左右する重要な任務なため、常に強い責任感を持って業務に取り組まなければなりません。

責任感の強さが必要

求められること

オペ室看護師は基本的に立ちっぱなしなので、体力の消耗が激しいです。そのため、体調管理を徹底しなければなりません。通常の病棟勤務であれば、体調が悪くなった場合に業務を交代してもらうこともできますが、オペ室看護師はできません。常に体調を万全にしておき、日頃から体力を維持する取り組みが求められます。
また、何種類もの医療器具を医師に渡したり、麻酔導入の介助や機器の準備などを行うオペ室看護師には熟練度が求められます。医師の望む器具を予測し、適切なタイミングで渡すためには経験が必要です。最初のうちは戸惑うこともあるかもしれませんが、できるだけ早く慣れるように努力していく姿勢が求められます。

求められること

よく読まれている記事

  • 転職エージェントを活用する

    転職エージェントを活用する

    看護師が転職する際に必ず登録すべきなのが転職エージェントです。無料であらゆるサポートを提供してくれます。条件に合う求人情報の提供だけでなく、面接日程の調整や条件交渉の代行もしてくれるため、時間のない人でもスムーズに転職先を決められます。

    続きはコチラ
  • 志望動機作成のポイント

    志望動機作成のポイント

    オペ室看護師になりたい看護師へ、志望動機作成のコツを紹介します。オペ室は最新医療に携われる職場なので、「新しいことを学びたい」という意欲をアピールしていきましょう。興味はあるものの、仕事に対して不安や恐怖心がある人でも大丈夫です。

    続きはコチラ
  • どのような役割を担うのか

    どのような役割を担うのか

    オペ室看護師には「器械出し看護師」「外回り看護師」の2つの役割があります。器械出し看護師は、よくテレビドラマで医師から「メス」といわれ、メスを渡している看護師のことです。一方、外回り看護師は、「汗」といわれ、汗を拭く看護師のことです。

    続きはコチラ